ドローン飛行許可申請、お任せください!– 空撮のみならず、建築現場や防犯、物流など、可能性がいっぱい。 –

ドローン飛行許可申請についてAbout Service

  • ドローンビジネスは、急速に拡大しています。空撮のみならず、農業、建築・土木の計測、トンネルや橋の老朽化の点検作業、防犯(空からの監視)、物流、屋内分野(棚卸、監視)など、多数の用途があります。
  • 当事務所では、日本全国のドローン飛行許可申請を代行いたします。ドローン飛行許可申請に必要なシステム上でのDIPS申請※1とFISS登録※2の一式を行います。
  • 「一定期間に繰り返し飛行したい」または「複数の場所で飛行したい」という場合は、複数の申請を一度に出せる包括許可申請にも対応いたします。通常は、申請から10 日ほどで許可を取得することができます。

※1

DIPS申請:Drone/UAS Information Platform System(ドローン情報基盤システム)を利用した国土交通省への許可申請

※2

FISS登録:Flight Information Sharing System(ドローン情報基盤システム)を利用した「飛行計画」の登録

許可が必要な場所Place

ドローン申請

こんな所でドローンを飛ばす場合は事前に許可申請が必要です。

  • 空港周辺の空域
  • 地表または水面から150m以上の高さの空域
  • 人口集中地区
  • 夜間(日没時)
  • 目視外
  • 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空
  • 人や物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離が無い

ドローン飛行許可申請の必要書類Required Documents

お客様にヒアリングし、B~Eの情報をご提供いただきます。
申請の内容によって必要添付書類は変わることがあります。

お手続きの内容料金(税込)
個別申請(独自マニュアル作成費用込)25,000円
包括申請(独自マニュアル作成費用込)30,000円
同一条件での更新申請20,000円
当事務所で代行した申請の変更(新しく購入した機体の追加等)   5,000円

・上記以外につきましては、別途お見積りをさせていただきます。
・複数台のドローンをまとめて申請する場合はご相談ください。
・振込手数料はお客様の方でご負担願います。